PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「KOKIA∞AKIKO∞KOKIA」レヴュー(完結編)

kokia∞akiko akiko∞kokia

「KOKIA∞AKIKO」の「戦火の花」を聴いてて、ふと「AKIKO∞KOKIA」の「罪滅ぼしの歌」が頭に浮かんできました。

全ての曲がそうとは限らないけれど、例えばいなくなった大切な人への想いを歌った歌にしても、KOKIA自身が歌う理由を綴った歌にしても、「KOKIA∞AKIKO」と「AKIKO∞KOKIA」、2枚のアルバムが私の中でフッと交錯したような気がした瞬間でした。

「KOKIA∞AKIKO」は、音数も多めで音色も煌びやかで、アレンジもどちらかというと派手で、なによりもメッセージが外側を向いた作品。それに対して「AKIKO∞KOKIA」は、素朴で、歌詞もパーソナルで、内面に向かっているような作品。

それがわかりやすく表れてるのが、昨日書いた「INFINITY」と「infinity」の2つの「インフィニティ」かなと思うんです。

アレンジの違いに、歌い方の違い、歌詞も「INFINITY」は、「あなたはあなた1人だけ唯一の存在」と外側を向いていて、「infinity」は「私は私1人だけ 唯一の存在」と内面へ。

「AKIKO∞KOKIA」を聴いて、共感したり、ふと何かを気づかされたり、しみじみ「いい曲だなぁ」と思ったり、KOKIAのパーソナルな一面や気持ち、想いに触れたりして、曲たちを愛しく思う。

愛しく思えば思うほど、「AKIKO∞KOKIA」から見える景色を背景にしている「KOKIA∞AKIKO」の曲が、またさらに深みや輝きを増す。

内面に向かったKOKIAの想いを知れば知るほど、それが外に向かった時の強さとか説得力に厚みが出る。

「星屑のヴォカリーズ」を聴くと、なんとなく荘厳な感じとか、悲しみに満ちたような感覚になるけれど、「おばあちゃん」を聴いた後だと、もっとその情景をリアルに感じられたり、「罪滅ぼしの歌」」を聴いた後だと、「戦火の花」のやるせない気持ちをより強く感じたりするみたいに。

そしてまた「AKIKO∞KOKIA」を聴いた時に、心に沁みるものが大きくなる。


私にとってこの2枚のアルバムは、そんな関係でした。


まだ「KOKIA∞AKIKO」しか聴いてない方は、ぜひ「AKIKO∞KOKIA」も聴いてみてください。

今感じている「KOKIA∞AKIKO」の印象も、きっとさらに違ったものになるはずですから。

| CD・DVD | 21:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

相乗効果?

それをKOKIAさんはラジオでスイカに塩って言ってましたね^^

| μ | 2009/03/23 00:20 | URL | ≫ EDIT

★μさん

スイカに塩をかけるなんて、邪道だぁ~

| pasha | 2009/04/28 01:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/564-a3245d68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。