PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KOKIA The VOICE~10th Anniversary concert-東京-


DSC01903.JPG

かわらない大事な気持ちを抱えたまま
「歌う人」として大きく素敵に成長してきたKOKIAnへ

10年間お疲れ様でした。

10年間歌い続けてきてくれてありがとう。

これから歩く10年がキラキラと光あふれる道になることを
心から祈っています。




KOKIA The VOICE~10th Anniversary concert
東京国際フォーラム ホールC

【セットリスト】
〈第一部〉
穏やかな静けさ~浄歌
so sad so bad
何もかもが星になって
やさしくされるとやさしくなれる花
song of pocchong~雫の唄
Lacrima
道化
あたたかい場所
Ave Maria
Remember the kiss
安心の中

〈第二部〉
メドレー
(私は歌う小鳥です~U-cha-cha~ぬくもり~歌う人~調和~
The rule of the universe~Princess EHIME~give&take~Hello passing days)
大事なものは目蓋の裏
I believe~海の底から~
il mare dei suoni
Everlasting
say goodbye & good day
小さなうた

アンコール
ありがとう…(弾き語り)
かわらないこと~since1976~

ギター 松尾和博
ピアノ 澤近泰輔
ベース 住吉中
パーカッション 山本恭久


東京国際フォーラム、やっぱり快適です

適度な傾斜でステージは見やすいし、前の人の頭に重ならないように
ちゃんと椅子がズレてるのに感動(最近じゃ当たり前らしいけど

今日はステージ前に、本格的にレーン敷いて、カメラもいっぱい入ってましたね
今度のDVDは、今日のライブがメインになるっぽいです。

前半の衣装は、パリ、大阪でも着ていた淡いブルーの衣装でした。
マイクも、特注の白いマイク。残念ながら、私の席からは彫ってあるらしい
ぴんくの象は見えませでしたけど。

後半は衣装チェンジして、白いふわふわしたドレス。
スカートの前が少し短めになってて可愛かったです

でも前日のKOKI薬曲で「つっちーにアヒルって言われた」って話してたので
「なるほど~」と、ちょっとアヒルに見えて笑いそうになりました


「穏やかな静けさ~浄歌」から「so sad so bad」へ続くオープニング。

1曲目から、ずっとギターの音で繋がったまま2曲目へ行くんですけど
これって何気にカッコいいですよね?

日本だと「曲が完全に音が終わってから拍手」という感じになってるのか
「あれ?拍手していいの?どうなの?」っていう、戸惑ったような空気が流れましたけど(笑

「何もかもが星になって」は、やっぱりライブでこそ活きる曲だと思います。

CDも一発録りでライブ感が出てますけど、実際に観客を前にして
一段階上に“トリップ”しちゃったKOKIAの歌声が、さらに曲に説得力を
持たせてると思うんですよね。

「song of pocchong~雫の唄」は、「The VOICE」の中でも、ライブで歌うのが
一番難しそうな曲だと思ってたんですけど、凄く良かったです。

ステップを踏んで、軽く踊りながら歌うKOKIAが可愛い

「道化」は、迫力あるし怪しげなカッコよさはあるし、最高です
ブックレット読んだ後だったので、ちょっとジーンともきました。

「Ave Maria」は、会場中が震えるような感覚。今日も凄かったです!
教会の中で一度聴いてみたい

何百回と(…は大げさか)聴いてきた「Remember the kiss」
そして「安心の中」は、前回の国際フォーラムでのライブを思い出して、
なんだか懐かしい気持ちになりました。

後半は、超豪華メドレーに、「大事なものは目蓋の裏」→
「I believe~海の底から~」→「il mare dei suon」とMCも挟まず続く3曲と
観てる人を圧倒するような流れ。

「il mare dei suoni」は、大阪の時もあった炎の演出に、
深い赤のライトが合わさった時が、幻想的で良かったです。

この曲を歌ってる時の、なんとも言えない迫力ある表情が好き。カッコいい

KOKIAの白い衣装、ライトの色が変わるたびにその色をそのまま反射して
凄く綺麗でした。

MCは、いつものKOKIAライブに比べたらかなり少ない方だったと思います
言葉で説明するより、歌を聴いて感じて欲しい、という感じでしょうか?

そんな中にも

「思い出したくないことが一瞬だけ忘れられたから、小さい頃は、
悲しくなるとピアノの前に向かって曲を書いていました。
歌いながらみんなの顔を見てて、KOKIAとして歌い始めて、
音楽はたくさんのものをみんなと共有する、楽しくて美しい場所になったと思います。」

みたいな、ジーンと心にくる言葉がいくつもありました。

「小さなうた」、ちょっと泣きそうになりながら(泣きながら?)
それでも力強く歌ってくれました。

やっぱり魂がこもってました

ずっとついて行きますから~

アンコールは、ピアノ弾き語りで「ありがとう…」

そして、再びバンドメンバーが出てきて、大阪にはなかった
「かわらないこと~since1976~」を歌ってくれました。

超感動

「ありがとう…」の中の“ありがとう”って言葉も良いけど、
「かわらないこと」に出てくる“ありがとう”が、私は好きなんです。

大阪の時は、アンコールはKOKIA1人で「さようなら~」だったから
「あれ?もう一回アンコールしたらまたみんな出てくるのかな?」と思ったのですが
ライブ終了のアナウンスも流れたし、あっさりしたアンコールだなぁと思ってたので
メンバーみんな出てきてのエンディングに、今日はスッキリ(笑

次のおっきな記念コンサートは、いよいよ私の勝手に思ってる夢の
東京国際フォーラム・ホールAでやろうね~


DSC01904.JPG

ロビーには、たくさんの花束。

相変わらず物販は長蛇の列でした
でもそんな列には並ばずに買えました



開場するまでに1時間以上並んだので(笑

そうそう。

なにがビックリしたって、タンブラーの中の紙だけが売られてましたよ

1枚300円。

| LIVE REPORT | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/224-a2c6d89d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。