PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Nack5「Age Free Music!」

さっきゲストで出てました。

Nack5のおなじみ富澤一誠さんの番組「Age free music!」


愛はこだまする


去年の5月2日以来の出演。

2月12日に出るライブアルバムについて


富澤「今まで出したことなかったの?KOKIAといえばライブなのに。」

自分でも結構、え?という感じだったんですけど。タイミングがなかったんですかね


富澤「DVDは出てますけど、今回なぜライブ盤を出そうと思ったんですか?」

今回ライブ盤になっているコンサートは、私の15周年のステージだったんですけれども、やっぱり15年間のいろんな想いを携えて乗っかったステージで、とっても素敵なステージになったんですね。

事前にステージに乗る前にライブ盤にしようっていうことではなかったんです、実は。

ステージが終わった後で、やっぱりこれ音に残そうっていうことでライブ盤になったので・・。やっぱりみんなに聴いてほしいなということでライブ盤になりました。


富澤「DVDになって出てればライブアルバムにしなくてもいいじゃない、っていう人もいると思いますが、DVDとライブアルバム、全然違う?」

やっぱり違いますね。私もそういう風に思う派だったんです。ライブ映像としてDVDとして出したものをライブ盤でCDで出すってどういう感覚なんだろう?ってちょっと思ってたんです。

だけども今回レコード会社の方がキャッチコピーを考えてくださって。“それはまるで、耳で観るコンサートだ”っていうわけなんですよ。それを聞いた時、凄い『うん、ガッテンだ』って感じだったんです。

なんでかっていうと、DVDだとどんな衣装を着てるかとかどんな表情で歌ってるかっていう、とても細かいいろんなことが見れるので、コンサートの雰囲気が楽しめるんですけど、音だけに集中して音を楽しむってことでは、CDで聴いた方が凄く想像力を掻き立てられるというか、いろんなものを想像しながら聴いてもらえるので、それぞれの良さがあるんじゃないかなと思いました。


富澤「映像の場合って、見ちゃうと全部わかったような振りをしてるけれども、実は見えてることしか考えてない」

目から入ってくるインフォメーションって凄い大きいじゃないですか。だから聴いてるようで聴いてないというか、全体感で楽しむのがDVDで、ライブ盤とかCDというものは、音から集中して聴きますよね。


富澤「自分の中で想像を膨らましながら、自分の脳裏のスクリーンに自分で映すわけでしょ?ということは10人いたら十人十色の映像ができるはずだよね」

でもホントそうだと思います。私も自分でライブ盤のマスタリングに携わってた時に、DVDの映像の編集に携わってた時は編集で流れる映像が目から入ってくるわけですけど、ライブ盤の音を聴いてた時には、やっぱり「あぁ、あのステージの時こんなこと考えてたな」とか、「こんなものを感じてたな」とかっていろんなことを考えたので、なんかそれぞれの楽しみ方があるんじゃないかなぁと思います

音のクオリティーも大分ちがうので、聴き比べてみていただいたりとか。


富澤「かなりいい音してますよね」

マスタリングしなおしてるので、ぜひ


夢の途中


富澤「いい声してますねぇ。相当練習大変でしょう?って言ったら練習しないって言ってたけど嘘でしょう?」

練習しないです。本当に。もちろん昔は練習しましたけど、今はもう大丈夫です。声って消耗品なので、いっぱい練習したりいっぱい使うとそれだけ枯れてしまったり・・


富澤「発声練習ぐらいはするんでしょ?」

うーん・・コンディションに合わせてですね。もう自分の体の楽器具合ってわかってるので、今日は少し声出した方がいいとか、今日はもう声出さない方がいいなとか、今日は水を飲んだほうがいいなとか、今日はコーヒー飲んだほうがいいなとか。わかりますね。


富澤「闇雲に練習してもしょうがないんだ」

そうです、そうです、闇雲に練習しても全然しょうがないです。下手な人は練習しなきゃいけないですし、私も昔は練習しましたけど、ある一定のクオリティに行ったら、練習を闇雲にするよりはイメトレのほうが大事。アスリートと一緒だと思います。基礎練習みたいなのある程度いったら、あとはイメージトレーニングのほうが大事だったりするじゃないですか。


富澤「ところでKOKIAは、今イギリスと日本を行ったり来たりなの?」

そうです、この1年はロンドンと東京の行ったり来たりの生活をしてました。


富澤「ロンドンでは何やってるんですか?」

昨年1年間は語学学校通ってたんですね。なので学生生活しながら、日本からオファーがある仕事をロンドンの家の方で制作したりとか、ファイルを送ったりとかしてたんですけど、以前からヨーロッパツアーとか海外の活動もしてたので、打ち合わせとかしてちょっと種まきをしたりとかはしてます。


富澤「語学はもうバッチリ?」

バッチリじゃないから語学学校行ってるんです(笑

耳が良いから、人より耳から入ってきて学習できる能力は高いようなんですけど、勉強が嫌いなのでなかなか困ったもんなんですよね。でも行ったり来たりしてるうちに、そのうち話せるようになる・・かな(笑

昔アイルランドでレコーディングしたこともありましたけど、ロンドンのレコーディングスタジオに最近ちょっと行ってレコーディングする機会があって、国が違えばやっぱり音も違うみたいなとこもあって

いろんな人と仕事するのとっても楽しいので、何かこう今のライフスタイルがこの先の私の作品作りにいろんなヒントをたくさんくれると思って、信じて、楽しみながらいろいろ学習してます。


富澤「今一番興味あることは何なんですか?」

今一番興味があることは・・・何なんだろう?ぼんやりすること。だからロンドンと東京を行ったり来たりしてるのかも(笑

15周年を去年の春に迎えて、やっぱり15周年振り返ったんですよね、たくさん。それで、この先の15年間のことを凄く考えたんです。で、いろんなことがこの15年間の中にあって、ちょうど年齢的なこともあって、人生の節目だなと私自身が思って、急がず焦らず、これからの生き方を一度考えたいなと思ったのでロンドンに行ったということもあるので、今まだそんなに焦って答えを出す必要はないなと思っていて

音楽活動をしながら、またシンガーソングライターなので、自分の考え方とか生き方が音楽や言葉に如実に表れるじゃないですか。だから自分が好きになれる自分を今は探している時期なのかなと思います。


KOKIAといえばライブ、ということで、春のコンサートのお知らせ


富澤「今回はどんな感じで?」

今回も凄くドッキリするような仕掛けを考えました。春のコンサートは私が1年間の中で一番準備に時間をかける楽しみコンサートなんです。去年はブランコを作ってもらうのがメインだったんですけれども、今年はあることがしたくてみなさんの想像を、『ハッ』と驚かせる演出を考えたので、楽しみに足を運んでください


富澤「宙を飛ぶのかな?」

宙は飛ばないです(笑

ライブ来たら、ぜったい『あぁ来てよかった』と思ってもらえるステージを目指して毎回想いを注ぎ込んでステージに立っているので、ぜひ会いに来てください。


something blue & something red


富澤「この曲はどういう曲ですか?」

心の中にsomething blue、何か青いもの、それは悲しみだったり寂しさだったり、そしてsomething red、それはあったかいものだったり怒りだったり、いろんなものがあるけれど、心のなかで合わさって紫色になっていくというような歌です

| MEDIA ★ RADIO・TV | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/1732-b5976f78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。