PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KOKIA「Where to go my love ?」

P3191423.jpg

KOKIAちゃんのニューアルバム「Where to go my love ?」を聴きました。

切なくて、悲しくて、でもとてもやさしくて、あたたかいアルバムでした。


ギターとピアノが中心のアコースティックなアルバム

綺麗に響くギターの音が、とても印象的でした。

ほとんどが新しくできたKOKIAちゃんのスタジオでレコーディングされたという音は
クリアなのに暖かみがあって、とても優しく聴こえます。


まだ2~3回しか聴けてないですが、今の時点で好きなのは

「愛はこだまする」「映画のような恋でした」
「微笑みを忘れないように」「you are not alone」かな。

「愛はこだまする」は、だんだん音数が増えて、盛り上がってくる感じが良いですね。

アルバムのコンセプトは、もしかしたら当初予定したものと少し変わってきてしまったのかも
しれないけど、だからこそこの曲の存在感が大きくなったように感じられます

なんというか、この曲が一番、聴いてて苦しいんです。

苦しいというと語弊があるかもしれませんが、心にズンと来る感じがするんです。


「映画のような恋でした」は、ニューイヤーコンサートの時に聴いた時から
切なくて泣きそうだったんですが

アルバムにはストリングスが使われていて、その音が、まるで星空みたいで綺麗でした。


勝手にKOKIAちゃんが曲を作った時とかレコーディングした時の気持ちを想像して
切なくなったり苦しくなったり

歌詞に時々心をキュッと掴まれる気持ちになる曲も多いですけど

でも、ただ切ないだけのアルバムではなくて
「liar liar ~ロマンティックワルツ」はジャズテイストで「ララリルンレ♪」なんて
可愛い曲でしたし

「ヒトの中にあるもの」は和風なのかと思ったら、最後バリっぽく終わる
楽しいメロディーの曲でしたし

なによりも、どんな時でも前を向く強さを教えてくれるアルバムでもありました。


1曲1曲、全てがとても愛おしく感じます。

素敵なアルバムをありがとう。


今は前が向けなくても、しばらく歌う気持ちにさえなれなくても

私はKOKIAちゃんがこれからも歌い続けていくことを、
なんの疑いの気持ちもなく信じています。

KOKIAちゃんの歌が、KOKIAちゃんが、大好きです

| CD・DVD | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/1667-7040cae7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。