PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

all about her ~OnStage,BackStage~

まず「Back Stage」について

買った日に、コンサートの開演までの間に一度は読んだのですが
もう一度、一文字一文字、丁寧に読み返しました。

自分の知っていること、知らなかったこと
そうなのかな?って思ってて、やっぱりそうだったんだって思ったこと

「えーー!そうだったのか!」という驚きはないけれど、
だからこそ、なんだか胸にじんわりくるような感覚

5年間の出来事、その表の面の流れをずっと追って見てきたから余計に?
切ないくらいの想いで、読んでてちょっと苦しかったです

「Back Stage」に関する感想は、たぶんうまく書けません

自分の中の、KOKIAに対する想いを表すことにも似ているから・・かも。

歌が好きなだけで、KOKIAがどういう人なのかには興味がないという方も
KOKIAさん自身も言ってるように、KOKIAの煌びやかな部分しか知りたくない
という方もいるかもしれません

でも、彼女の歌は、彼女の生きざまそのものだと思うから
KOKIAが歌う歌が好きなら、ぜひ読んでもらいたいなぁと思うのです。私はね

私自身がそうであるように、きっとKOKIAのことが、そしてKOKIAの歌う歌が
もっともっと好きになるんじゃないかなと思うから。

P6107390.jpg

「On Stage」は、写真で振り返る5年間

これがいつの写真か・・という説明も一切ありませんが
KOKIAファンならわかるはず!(笑

ヨーロッパとか、特に凄く懐かしく感じますね。

ちなみに、これが私が1番好きな写真

顔が写ってない写真を1番に選ぶなんて、ちょっとマニアック(?)な気もしますが^^;

あとは、ページ数で「49、62、74」ってメモってあります^^;

気になる人はチェックしてみてください

2つ以上写真がある場合は、たぶん大きい方だと思います~。


ということで、そんな「all about her ~OnStage,BackStage~」は、
コキア印で購入できますので・・・

【「all about her ~OnStage,BackStage~」】


「Back Stage」とかね、KOKIAちゃんが一文字一文字綴ってる文章が
もうすでに愛おしいわけですよ^^;

あとですね、手を石鹸で洗って、綺麗に乾燥させてから読んだのに
やっぱり読んでるうちに手の跡が付いちゃいますぅ^^;

| KOKIA GOODS | 03:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BackStageは俺も、やっぱりそうだったんだなってことと、新たに発見したことが半々ぐらいでしたが、歌手としてancoの産みの親としてひたすらひた向きに、忠実に歩んで来たのが伝わりました。
大変な思いをしてるのに続けられって、すごいなと尊敬しきりでした。
そしてこの尊敬がまた、好きな気持ちになりました…><

OnStageの74ページ俺も好きです、あと82ページの上のフィルム2番3番、下のフィルム2番4番も、セクシーで惚れ惚れしてしまいます。

| しょう | 2011/06/10 05:40 | URL |

「aigakikoeru」フランイグしたなぁ

マンスリー「STB」ライブの何回目かに、アルバムが出来上がった~といって「aigakikoeru」を舞台上に飾った時のことが懐かしく思い出されました。
それから何ヶ月も日本では発売されず、とうとうフランスに買いに行ってしまったこともまた懐かしく思い出されます。
その時、初めてpashaさんとも挨拶を交わしたんですよね。
なんとなく大人の事情で「aigakikoeru」が発売されないことは解ってはいましたが、ジャケットに日の丸マークが入った日本での発売が決まったときは嬉しかったですねぇ。

| 星のオヤジ | 2011/06/10 09:42 | URL |

注文してみた~!

| 笹~ | 2011/06/10 20:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/1300-2cac29db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。