PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KOKI薬曲~100曲目~

みなさん、こんばんは。
そして、遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

2011年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

・・・ということで始まったKOKI薬曲ですが

今回、2011年第1回目の放送、そしてなんと100回目の放送


KOKIAさんおめでとうございます

これからも、なが~く続けて行ってください。頑張ってね

内容は長いので続きで。

でもこんな長いの読んでられないという方に、大事なことを掻い摘んで(かいつまんで)
お知らせ。

・ステージレコーディングアルバム「moment」のレコーディング日が、
3月4日から、3月8,9日に変更

・今年の春のコンサートは、5月21日、22日に国際フォーラムで、2DAYS

・2月は北海道でライブ!(?

あと、番組中、苗場プリンスコンサートの一般発売がもう始まっていて残りわずか
と言ってましたが・・・一般はまだ始まっていません

でも残りわずかなのは正しいと思うので、一般で買おうと思ってる方はお早めに。

一般発売情報等は当ブログでもお知らせする予定です(たぶん





100回目記念ということもあって、たくさんメールが届いていたそうです。

1通目は、1月に入籍されたancoroちゃんのお友達のメールを紹介。

そのancoroちゃんのために「リクエストかけてくれませんか」「お祝いのメッセージを頂けませんか?」「送ってあげてくれませんか?」というメールをたくさんもらったそうです。

そのメールからのリクエストにあった曲

末長くお幸せにと言う事で、KOKI薬曲100回記念、2011年の幕開けという気持ちと、
お祝いの気持ちを込めて、1曲目は 「はじまり」

2通目は、からのメール

2006年、今から約5年前・・4年と3カ月前にはじまったこのKOKI薬曲の放送。

1回目を聞かれたという事で、なんだか私も聞いてみたいなと思ったんですけれども、私は、このメールをもらって、であればblogを遡ってみようと思って、初めての放送の頃のblogを少し読んでみました。

読み返していて、あ、そういえばそうだったなぁと思ったのは、第1回目の放送、1年目2年目はですね、ここ、現在はKOKIスタで、放送される日、直前に収録をして、それをみなさんに聞いて頂いているという形式に、数年経ってから変わったんですけども

番組がはじまった当初はですね、三軒茶屋にあるスタジオで生放送という形で、まるでどこかの局のDJさんのようにですね、自分で話しながらCDもかけて、そしてマイクをオンにしたり、オフにしたりっていう、そういう事もしながら生放送でお送りしていたんだな、と言う事をblogを読み返して思い出しました。

この約5年間の間に、いろんな事があったんだけれども、なんかKOKI薬曲というこの番組は、私にとって、ステージの上の真剣なKOKIAでもあり、でも、普段のオフの時のKOKIAでもあり、なんかいろんな面のKOKIAを見てもらえる、そういうツールだと思っていて

放送なので、KOKIAがおしゃべりする一方通行な感じに思えるんだけれども、私の中では決してそういうものじゃなくて、メールをもらったり、目の前にはいなくても、聞いてくれているみんなと、お喋りするような感じで、情報解禁になる前の話を、ちょっと早く、一足早く、KOKIAの口からなら言っちゃってもいいかなと言う事を、お話してきたり、私のblogにはなかなか書けない気持ちを、ここでお話させてもらったり、なんかいろんなそういった気持ちを、本音をね、話せる、そんな番組なんじゃないかなぁと思っています。

なので、これから先、先ほども紹介させて頂いたお便りと言うか、メールの中にもあったように「200回、1000回と聴いて行きたいです」と言ってくださるのがとっても嬉しくて

こうしてお喋りするのは、私自身はね、実はそんなに得意ではないんです。得意ではないんだけれども、でも、こうしてblogやステージの上から以外の形で、ここでしか喋れない、ここでしか伝える事ができない、そういう部分のKOKIAもみんなに知ってもらえたらなと言う風に思っていますから、なかなか上達もしない喋りですけれども、今後も、ずっとずっとみんなに、このKOKI薬曲という番組でしか見せられないKOKIAの面を伝えていけたらいいなっと思っています。


そして、ステージレコーディング「moment」について。

2011年の、KOKIAが挑もうと選んだ挑戦はですね「moment」という、ニューアルバム、ステージレコーディングアルバムというものを作ってみようという挑戦に挑む事が決定しました。

実は、ここでもうすでにKOKI薬曲ならではの報告と言うか、お知らせがあるんですけれども。

「moment」という、このステージレコーディングアルバムという形式で録音される、作られるこのアルバム。

club ancoroのancoroちゃんに応募して頂いて、ancoroちゃん限定で、抽選をさせて頂いて、お客さんを招いてアルバムを1枚作るという、新しい試みなんですけれども。

実はホームページの方と、発表されている日にちが3月4日ってなっているんですけれども、もうすぐ発表になると思うんですけれども、実は3月8日、9日に変更になりました。

えー、ちょっとビックリされている方もいらっしゃると思うんですけれど。

どちらにせよ平日になってしまうのですけれども。

実は、12月の年末から、1月、お正月、そして現在まで、KOKIAは「moment」の為に曲作りをずっとしています。

その中で、このステージレコーディングアルバム「moment」の企画自体、やろうという事で、進めてきているんですけれども、だんだん、だんだん具体的に曲をかいたり、形になってきて、打ち合わせが進んでいく中で、1日でこれを終えるのもなかなか難しいんじゃないかという、ボリューム量になってきまして。

また、発表とともに、たくさんのお問い合わせを頂きまして、なるべく多くのancoroちゃんの方たちに、その現場に居合わせて、一緒にKOKIAのステージレコーディングアルバムに参加して欲しいなという気持ちもあって

3月4日という1日しか日にちを取っていなかったんですけれども、3月8日、9日と続けてホールが空いている事がわかったので、3月8日、9日に決定いたしました。

数日後に、たぶんホームページの方で詳しく発表になると思いますので、是非とも楽しみにしていてくださっている方は、8日、9日の方の調整をお願いしますチャンチャンということで(笑


ということですので、もう4日にお休み取っちゃったよーという方、
お休みの調整お願いします

お正月からずっとKOKIAは曲を書き続け、otonami blogの方でも、なかなかいい響きが聴こえてこないなぁという苦戦した時期もあったり、急に音が聴こえてくる、そんな波の中をプカプカ浮いている状況がまだ続いています。

現在のところ、半分、折り返し地点をやっと越えた所で、だいたい十何曲か入りのアルバムになると思うんですけれども、半分越えたところに今います。

でも、曲数半分越えたからと言って、例えば10曲入りのアルバムで7曲かけたからといって、7割仕上がったというわけではなく、私の中では、やっぱり最後の1曲がかけるまでは、何曲かけていても、なかなかこう、心休まるものではないというか、戦いはまだ続くなという感じがしています、緊張感の中にまだまだいるという感じです。

昨年この時期に作っていた「REAL WORLD」というアルバムは、サハラ砂漠に行って、そこで感じた大きなパワーを曲にしたということもあったので、今よりも、この「moment」のアルバム作りよりも、何かこう、外から感じたエネルギーも自分の中に蓄えて、バンッと外に放出するような形で曲をかいていたので、サハラのイメージだったり、チュニジアで感じたいろんなエネルギーをもらって、それを外に出したという感じがするんですね。

なので、色んなエネルギーを借りて曲を書いた、そんな作業でした。

ただ今回の「moment」、このステージレコーディングアルバムで作られる曲は、今回、今日の放送がKOKI薬曲の100回目でしたけれども、私にとって今回の「moment」という作品は、この春で5周年を迎える、独立と言う歩み、ancoちゃんと一緒に歩んだ、歩みの節目に出す作品でもあって、この5年間を振り返った時の今、私が何を考えるか、何を想うか、気持ち、それから、それをふまえて、今、私が、これからの事をどう考えていくかという気持ち。

なんかそういう今の自分を切り取る作品になってくるので、非常に何かの力を、外からの力を借りて、音にその想いを託すというものではなく、内なる、自問自答のような部分だったりとか、自分の心の音を聴く、それを、みんなに伝えていくという、そういう作業になっていて、とても難しいです。苦戦しています。

けれど、すごく、自分の作品と向き合う、いい機会だと思うし、5年間の事を振り返る、すごくいい時間を今持てているなぁと思っていて、そうしておそらく出来あがる作品は、自分にとってすごく、大事な物になっていくんじゃないかなという風に思っています。

そんな私にとって、とっても大事な意味を持つアルバムが、ステージレコーディングアルバムという、お客さんを交えて、みなさんの力もわけてもらいながら作る、という形のスタイルのレコーディングとして産まれるというのが、すごく私っぽいなぁていう言い方で、全部語れているかわからないけれども、その「moment」っていう今の、この5年間歩いてきて、ancoroのみんなと一緒に歩いてきて、たどり着く作品、あるべき姿としてとても嬉しい形だなという風に思っています。

なので、3月8日、9日は、club ancoro限定にはなっちゃうんですけれども、お客さんを交えて、みんなと新しいアルバムを作れる事を、とても楽しみにしているので、是非とも、平日ではありますが、そして長丁場になりますけれども、普通のコンサートとは違うので、マイクチェックをしたり、レコーディングをしたあとに、その場でKOKIAがコーラスを歌ったりとか、そういうダビングものもみんなに見てもらおうかなーと思っているので、とてもマニアックなステージになるとは思うんですけれども、普段、見る事はなかなか出来ない現場に、みんなも居合わせることになると思うので、是非、参加してもらえたらなと思っています。


昔は、もっとのんびり喋る事が出来た30分だったけど、語りたい事がたくさんあって、
でも、インフォメーションしなくちゃいけない事もあるし、曲も流したいしと言う事で、
30分じゃなかなか語りきれないというKOKIAさんですが

今日も、まだまだ「moment」の制作に向けての想いを話したい所なんですけれども
ここで1曲。

この春、5周年を迎えるという、私の気持ちもお話したところですし、5年前、私がこれからの歩み、とてもじゃないけども、5年前のKOKIAは5年後の事なんか考えられませんでした。5ヶ月後の事も考えられなかった。

それぐらい、視界の悪い海の中をさまよっていた、そんな怖さと向き合っていたというか、独立してすぐ、リリースの見通しもなくて、とにかくでも歌わないとって、ステージを作って、歌を歌っていた日々が続きましたけれども、そんな時に、とにかく歌い続ける事で、繋がっていくんじゃないかという想いで書いたこの曲をお送りしたいと思います。


ということで、「命の光」

100回記念、喋りたい事がたくさんあるなぁと、思っていたら、やっぱり時間が無くなってきてしまいました。

今日はもう曲をおかけするのはやめて、最後まで喋っていきたいと思います。

今日、お話した中で大事な事。

3月4日と発表になっているステージレコーディングアルバム「moment」のステージレコーディングの日取りが、3月4日ではなくて、3月8日、9日に変わりました。

それからclub ancoroのメンバーancoroちゃん達には、年賀状として発送なっているところに、秘密のコンサートがもう書かれてたと思うんですけれども、今年の春のKOKIAの恒例のコンサートは、5月21日、22日に国際フォーラムで、2DAYSで行われます。

このコンサートも、何か5周年、独立5周年にふさわしい、面白い事をしたいなぁと思っていて、この5年間、たくさんの作品、曲を世の中に産み出してきたKOKIAですけれども、その曲をなるべくたくさん、みなさんに聴いて欲しいなという事で、2DAYS。

今、KOKIAの頭の中にあるイメージは、全く同じ内容じゃなくて、なるべく多くのたくさんを、この2日間を通して、演奏できたら面白いんじゃないかなーって、思っています。

でもでも、まずは「moment」、ステージレコーディングアルバムを作ろうという事で、まだ5月の事はちょっと考えられないかなーという事で、みなさん、楽しみにしていてください。


最後はインフォメーション

3月11日 渋谷プレジャープレジャーで、中西圭三さんと2マン。
3月12日 13日 苗場プリンスホテル

そして、噂によると、2月には北海道に行くらしい

今年もKOKI薬曲、そしてKOKIAのotonami blog、ホームページkokia.com、そして私KOKIAを、みなさんどうぞよろしくお願いします。

| MEDIA ★ RADIO・TV | 02:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/1212-2a1439ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。