PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FM FUJI 「SUNDAY IN THE PARK」

SUNDAY IN THE PARKのHPに、KOKIAさんの写真と簡単なトーク内容が載っていま

・・・せんが、そのうち載ると思います

【SUNDAY IN THE PARK】

3時からのゲスト、トークは約30分たっぷり、ヨーロッパツアーの話と
15日にリリースになったカバーアルバム「Musique a la Carte」について。


「海外で活躍中のKOKIAさん、海外で活動するようになったきっかけは?」

5年前にちょうど事務所を独立して・・・。海外で歌を歌うのがずっと夢だったので、積極的に、もちろん日本の活動もやりながら、海外でも歌を届けたいなと思って、コンサートをやるようにしたりとか、リリースをしたりとか、頑張っています


「海外でやるのって怖くないですか?」

怖くないですよー。いろいろ毎年仕事をしていって、だんだんだんだん、今年5年目になるんですけど、わかってきたのは、日本でどこかの地方とか、新しく仕事をする時と、海外でどっか新しい国でコンサートをする時って、結局一緒なんですよね。

新しいところに「はじめまして」で歌を届けるっていうのは、国とか場所とか、そういうことは関係なくて、エネルギーだったり情熱だったり、そういうものがあれば、やっぱり届けていけるっていうのは、ホントに勉強になったことだし

海外で仕事をすると、自分の仕事へのモチベーションが上がっていくというか…一緒です!海外であろうがどこであっても、歌を届けるスタンスも、歌に込める想いも一緒だからこそ、たぶん私は日本語で歌を歌っていても、ヨーロッパでコンサートする時も日本語で歌を歌うんですけど、ちゃんとお客さんには伝わってるなっていう気がします。



今月末から1カ月かけて行うヨーロッパツアーについて、今回新しく行く国は…
などの話がありました。


「新しい国に行く直前、緊張とかしますか?」

毎回、凄く緊張します。特にヨーロッパとかのコンサートは、飛行機でフライトも長いですし、どんなに想いを持っていても、体調を崩さないようにっていうのは、すっごい緊張するんですよ。

だいぶホテルでの生活とか飛行機とかも、もちろん慣れてると思うんですけど、それでもやっぱり、当日まで、ステージに出る瞬間まで、「体調が守られますように」と・・・。

やっぱり歌を歌えないと、私もうKOKIAでいる意味が全然半減しちゃうので。逆に言うと、健康で歌が届けられる状況が整っていれば、他のことはもうどうでもいいというか。声さえ出れば伝えられるっていうところがあって。ホントに体調のことだけは、ヨーロッパツアーは特に緊張しますね、日本のステージに比べて。



「必ず持っていくものとかは?」

必ず持っていくものは、オリーブオイル。オリーブオイルをステージドリンクの代わりに飲むんですけど…。喉を潤す程度に、小さい試飲用のカップに、オリーブオイルを入れておいて、口の中に含むくらいで、のどに浸すと、すごく良いんです。

私も13年間いろんなものを試してきたんですけど、オリーブオイルが一番良いです。特に、お料理とか、食材としては高級なものではなくて、ちょっと安めのオリーブオイルが一番良いですね。

というのは、ちょっと高い高級なオリーブオイルだと、オレガノ酸っていう、ちょっとピリッとする、オリーブオイルのスパイス感が強いんですね。そうするとちょっと喉がむせちゃったりするので、ちょっと酸化しちゃってるぐらいのオイルが凄く喉に良いんです。

お水を結構飲まれる方、いらっしゃるじゃないですか。喉が乾いたら、体が欲しているのは水分なんですけども、ホントに喉って「枯れてしまう」ってよく表現しますけど、枯れてしまってる部分には、水は実はあんまり良くなくって、どんどんどんどん油分を取っていくだけなので、水を飲んで、オリーブオイルを最後に含んで、喉を潤すと、非常に長続きしますし、良いと思います。



「今、はまっているものは?」

秋物とか洋服は、ヨーロッパに行くのに揃えたりしたので…着るのが楽しみってぐらいですかねぇ。

ずっと食べることは好きなので(笑)。秋になってより一層もぐもぐしたら、ちょっとおっきくなっちゃうので、気をつけないとなって思っています(笑)



海外に行くときも、お味噌汁とか、もらったりするので一応持っていくけど、ほとんど飲まない
あと、フランスはフランスパンがホントに美味しい!という話も。


「Musique a la Carte」について

なぜ私が海外でレコーディングをするかというと、アイルランドならではの空気感というのが、ミュージシャンがアイルランド人だからっていうだけではなくて、その国でレコーディングすると、結局音っていうのは空気を通って、その響き、波が全部収録されていくので、KOKIAが歌を歌う時に、マイクまでにアイルランドの空気を通じてるわけですよね。で、その空気感が、ちゃんとレコーディングされるんですよ。

だから今回、「Musique a la Carte」、カバーアルバムの中では「Scarborough Fair」をアイルランドでレコーディングしたんですけど、ホントにその「Scarborough Fair」の、私の中で持っている、森の中を歩いて行って、遠い古い時間を回想するような、「Scarborough Fair」が持っている独特の雰囲気、なんかそういったものが、アイルランドの古き良き、いろんなものを大事にして、自然とともにゆったりとした時間の中で生きてきた人たちの空気感っていうのが、凄く私のレコーディングした「Scarborough Fair」に収録できたなぁと思っていて、とても気に入っているナンバーなんですよね。



Scarborough Fair 


「名曲ぞろいですね」

みんなに一緒になって、鼻歌まじりに口ずさんで欲しいなぁと思う気持ちと、私自身がそんなにたくさんいろんな曲を知ってるわけではなかったので、カバーアルバムを作るなら、なんかこう、自分が育ってきた環境の中で聴いてきた名曲をカバーしたいなという想いがあって

今回は名曲が持ってるならではの、原曲の雰囲気を崩さないような形で、シンプルなアレンジを心がけて、みなさんにササッと料理をしたという感じで届けております。



「個性は出てるんですけど、原曲を『尊敬している』という部分は伝わるよね。なにより楽しんで作ったんだなというのが…」

オリジナルのKOKIAのアルバムというのが、非常にメッセージソングが多いので、強いメッセージの楽曲だと、1対1で、じっくりと聴いて欲しい曲が多いんですね。カバーアルバムを作りたいなと思い始めたきっかけとしても、なんとなく流して聴ける、そんなCDが1枚あってもいいなと思っていて

今回のカバーアルバムは、本腰入れて「どうだー!」っていうお料理を作ったというよりは、お家に来てくれたお友達に、ササッと「あり物だけれども」って言って、“美味しいお料理をあり物で作っちゃって振る舞っちゃった”みたいな、そんな美味しくて、ライトなお食事かなっていう感じがします。

なのでBGMとして、なんとなく流していただけるCDになってもいいなと思ってますし、そういう意味でも自分の作品とのコントラストを楽しんでもらえるといいなぁと思っています。



「一番楽しかった曲は?」

一番って言うのは決められないですけど、時間があれば1曲1曲全部解説したいくらい、思い入れは入っていて

特に今回カバーアルバム、新録が5曲で、他にも13年間の間に、私が機会があってカバーしてきた楽曲が何曲か入っているので、自分が聴くと、「これは何年も前に、あのタイアップで歌わせてもらったなー」とか、「これは何年か前に、こういうきっかけで歌うことになった曲だな」とか

特に「DESPERADO」なんて、今回「Musique a la Carte」のスペシャルデザートということで最後に入ってますけど、これは映画のタイアップで歌うことになって歌った楽曲なんですね、で、今回カバーアルバムを出すということで、多くの方から「DESPERADOも入れてよー」っていう問い合わせをいただいたので、「では、デザートスペシャルにいかがですか?」ということで、スペシャルで日本盤のみに収録するという形になったんですよね。



「原曲自体にパワーがある曲ばっかりだからね」

心がけたのは、名曲だけに、それぞれに皆さんが自分たちの思い出とか、いろんなものが込められてるじゃないですか、きっと。なので、ホントに原曲の持っている雰囲気を崩さないように歌うように心がけました。

あとやっぱり、自分自身がカバーをする時に、本来自分が歌っているオリジナルの世界感の、曲を通して伝えたいメッセージがぶれないように、自分が歌っても、言葉として体の中に入ってくるなというメッセージの楽曲を選曲するように心がけました。

楽曲として素晴らしい、KOKIAの歌で聴いて欲しいっていう観点だけでなくて、メッセージとしても、私の歌う人としての伝えていきたいコンセプトからぶれないように、歌詞から選んでいったっていうところもありますね。


そして、ライブのお知らせなどなど。


今日は、ティッティがスタジオに来てたみたいです

DJの方たちが、「お母さんこっちだよー」とか「お母さん見てますねー」とかって、
KOKIAさんのことを“お母さん”と呼んでたのが、何気におかしかったです(笑

お母さんじゃなくて、おねえちゃんだよ


「ファンのみなさんへ一言」

今日はこの番組で、たっぷりとカバーアルバムについてお話させてもらえたので、ホントにこの、少し秋風を感じられる季節にぴったりのライトな作品が出来たと思うので、ぜひとも皆さん、聴いてみてください

そして10月、ヨーロッパツアー、日本代表という気持ちで頑張ってくるので、ブログもネットの環境がある限り更新しますので、楽しみに、日本で応援していてください。



Over The Rainbow

| MEDIA ★ RADIO・TV | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/1125-cceffa74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。