PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KOKI薬曲~88曲目~

KOKIAさん、おかえりなさーい

ということで、3週間のアイルランド留学、そしてその後の写真展開催のための
パリ滞在から帰ってきてから初めてのKOKI薬曲。

内容は、長いので続きで






帰ってきてから、何もなかったかのように仕事にフェードインして、いつものように
仕事の生活に戻っているので、「あれ?アイルランド行ってたっけ?」というような
感じなんだそうです

夏はイベントみなさんに逢いに行きますよーということで、
1曲目は「+sing」

今年の夏は、7月、8月、9月といろんなとこで歌を歌う予定になっているそうなので
HPをチェックして、KOKIAさんに逢いに行ってみてください

今日「+sing」を久しぶりにかけたのは、今回の夏のイベントやワンマンでは、ちょっと久しぶりの最近はやってなかったんじゃないかなという歌を、なんだかみなさんにお届けしたくなっている、そんな気分のKOKIAなので、久しぶりに「+sing」や、あんな曲、こんな曲歌うと思うので、ぜひとも山形、そして柏崎、名古屋、兵庫などなど、みなさん近くの方は足を運んでくださると嬉しいなと思っております

とのことです。楽しみですねー

5月の中旬から6月にかけて、アイルランドで語学留学をして、レコーディングをして、
そしてパリで写真展を行って、6月の末に無事帰国

「あれは夢だったのか!?」というような忙しい日々を送っている、というKOKIAさん。

とってもとっても楽しかったアイルランドでの語学留学、
そしてとってもとっても夢のようだったパリで開催された写真展

パリでの写真展は、Vernissage(ヴェルニサージュ)というオープニングパーティにも
19日のサイン会にも、最終日にもたくさんの方が足を運んでくださったそうです。

コンサートの時と違うなーと思ったのは、当たり前なんですけれども、用意されたステージに、歌う人として出ていくシチュエーションとは違うので、写真展でKOKIAがみんなのことを待っているという状況に少し戸惑っているファンの方もいらっしゃいました。

それが凄くおかしくて。KOKIAの写真展なのに、会場に私がいるのを見つけて、驚いて声をあげるようなファンの方もいらっしゃって、ちょっと驚かせちゃったかなーなんて思ったんですけれども。

そんな風にみんなと、今まではなかなかコミュニケーションを取ることができなかったシチュエーションが多かったんですけれども、一人一人と少しお話をするような時間も持てて、いろんな国の人が私のコンサート、そして、あの歌が好きだこの歌が好きだという風にいろんな感想を述べてくれるのが、私にとっては「えー、そうなんだー。えーあの歌が好きなんだー」という感じで、直接みんなの生の声を聞けて、新鮮な思いでいっぱいでした。

今後、「ここの国の人はこの曲が好きなんだ。あ、こんな言葉の曲も、ヨーロッパの方は楽しみに聴いてくれてるんだ。」なんていうことを参考にしながら、これからもいろんな曲を書いていきたいなという風に思いました。



たくさんのムッシュ中村の友達、知り合いの方々が写真展の準備を手伝ってくださったそうです

フランス在住の日本人が多かったんですけれども、こんなにもたくさんの日本人の方が、フランスに住んでいて、そしてそれぞれ、いろんな仕事をして頑張っているんだなという風に思ったら、なんだかとても、私もまだまだ、もっともっと頑張らなくちゃ、頑張れるなという風に元気をわけてもらった、そんなパリの写真展になりました。

写真展開催中に、フランスのレーベルKAZEのスタッフとか、
あとコンサートプロモーターの方とも、ゆっくり10月のヨーロッパツアーに向けての
作戦会議もできたそうです

そんな、10月のヨーロッパツアーも発表になりましたね

KOKIA替え玉作戦しないとムリじゃないかというスケジュール


アイルランドでの授業について。

KOKIAさんの行ってた学校は、1回の授業、一コマが2時間

文法のクラスと、conversationのクラスと、プライベートレッスンを取っていたので
1日6時間の授業を、毎日受けていたそうです。

朝は9時から授業が始まって、11時過ぎまで授業があって、次の授業も1時15分ころに終わる
という感じで、お昼を食べて午後に2時間のプライベートレッスン

毎日6時間の授業と、それぞれのクラスから出る宿題をこなすだけで、あっという間に
1日が経ってしまう…というような日々だったみたいです。

いつも右手に辞書、左手に辞書、目の前に辞書、3冊の辞書を置いて、四苦八苦しながら
授業を受けている姿が面白いねーなんてクラスメイトに言われてたんだとか

英語を日本語で調べる辞書、英英辞書、英語の文法を英語で説明してくれる辞書
という3冊の辞書で、必死に授業に付いて行ってたそうです


語学学校に行ったら10代後半から20代の人が圧倒的に多くて、30代、40代の人ももちろんいましたけど、私のクラスは私が一番年長さんだったんですね

でも年になんか全然関係なく、私がこれから時間を見つけて…と言ったらまた1年後になってしまうのか半年後なのか、2年後なのかわからないけれど、ホントにジャンジャン自分がやってみたいなと思うことには飛びこんで行くべきだなと思う、凄く新鮮な体験になりました。

語学という意味だけではなく、アイルランドへ行けたことや、パリで写真展を行えたこと、もちろんヨーロッパでの活動ももしかしたらその内の一つになるのかもしれないけれど、自分がやりたいことに突っ込んでいく、そういう勇気と挑戦の心というのが大切だし、やっぱり何よりも楽しいなーっていう風に思いました。

なのでもし、こんな年になっちゃったからとか、なにかをするのに諦めかけたりしている人がいたら、KOKIAを見て、KOKIAの姿を見て、辞書を3つ手に持ちながら必死に頑張っているKOKIAを想像して、そこの君も頑張ってみてください。


とのことでした。


2曲目は、逗子で歌った「クルマレテ」

波の音を待ちながら、そのリズムに合わせて歌ったそうです。


そしてインフォメーション

HPでも既に発表になってますが、8月1日にDVDがリリース

4月に行われた「音の旅人コンサートツアー」の東京公演が収録されたDVDです。

今まで出したコンサートDVDの中でも、一番、ダントツにコンサートDVDらしいコンサートDVD

誰かの誕生日の7月22日に予約受付が始まります

HPの通販とライブ会場のみでの販売になるので、お見逃しなくー


明日、七夕の日にも文学少女のサントラがリリース。

「ザビアツタ」も夏の間にリリース


次回のKOKI薬曲は誰かの誕生日の直前の7月20日。

お幾つになるんでしたっけー

| MEDIA ★ RADIO・TV | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かにクルマレテが始まる前にやけに間が空いて、「え、どうしたんだろう。まさか忘れたのでは!?」と思ったのも取り越し苦労。波を待ってたんですね(笑)

歌いだしてからは波音をバックに素晴らしいまでに調和していたのでおそらくそうだろうと思いましたが^^;

| you | 2010/07/07 15:13 | URL |

★youさん

波の音に合わせて歌いだすタイミングを見計らってたみたいですねー
待ってる間の波の音も、今からするとイントロみたいで良かったですよね。

凄くあのシチュエーションに合ってたので、また来年、機会があればぜひ聴いてみたいですね

| pasha | 2010/07/07 20:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokia8pasha.blog75.fc2.com/tb.php/1039-2a0e01e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。