2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

smoothes feat.KOKIA

とりあえずセットリスト~


【セットリスト】
Twinkle, twinkle, little star(きらきら星)
summertime
Fever
Close to you

枯葉(instrumental)
A列車で行こう(instrumental)

Black Coffee
Alice in Wonderland
It's only a paper moon
One Note Samba
Moonlight in Vermont

Smile(instrumental)

Waltz for Debby
Moon River
Everytime We Say Goodbye

One Note Samba

performed by smoothes
(Pf : 瀬田創太、Bass : 小美濃悠太、Dr : 永山洋輔、Vocal : コキア?KOKIA?)
スポンサーサイト

| LIVE REPORT | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nack5「Age Free Music!」

さっきゲストで出てました。

Nack5のおなじみ富澤一誠さんの番組「Age free music!」


愛はこだまする


去年の5月2日以来の出演。

2月12日に出るライブアルバムについて


富澤「今まで出したことなかったの?KOKIAといえばライブなのに。」

自分でも結構、え?という感じだったんですけど。タイミングがなかったんですかね


富澤「DVDは出てますけど、今回なぜライブ盤を出そうと思ったんですか?」

今回ライブ盤になっているコンサートは、私の15周年のステージだったんですけれども、やっぱり15年間のいろんな想いを携えて乗っかったステージで、とっても素敵なステージになったんですね。

事前にステージに乗る前にライブ盤にしようっていうことではなかったんです、実は。

ステージが終わった後で、やっぱりこれ音に残そうっていうことでライブ盤になったので・・。やっぱりみんなに聴いてほしいなということでライブ盤になりました。


富澤「DVDになって出てればライブアルバムにしなくてもいいじゃない、っていう人もいると思いますが、DVDとライブアルバム、全然違う?」

やっぱり違いますね。私もそういう風に思う派だったんです。ライブ映像としてDVDとして出したものをライブ盤でCDで出すってどういう感覚なんだろう?ってちょっと思ってたんです。

だけども今回レコード会社の方がキャッチコピーを考えてくださって。“それはまるで、耳で観るコンサートだ”っていうわけなんですよ。それを聞いた時、凄い『うん、ガッテンだ』って感じだったんです。

なんでかっていうと、DVDだとどんな衣装を着てるかとかどんな表情で歌ってるかっていう、とても細かいいろんなことが見れるので、コンサートの雰囲気が楽しめるんですけど、音だけに集中して音を楽しむってことでは、CDで聴いた方が凄く想像力を掻き立てられるというか、いろんなものを想像しながら聴いてもらえるので、それぞれの良さがあるんじゃないかなと思いました。


富澤「映像の場合って、見ちゃうと全部わかったような振りをしてるけれども、実は見えてることしか考えてない」

目から入ってくるインフォメーションって凄い大きいじゃないですか。だから聴いてるようで聴いてないというか、全体感で楽しむのがDVDで、ライブ盤とかCDというものは、音から集中して聴きますよね。


富澤「自分の中で想像を膨らましながら、自分の脳裏のスクリーンに自分で映すわけでしょ?ということは10人いたら十人十色の映像ができるはずだよね」

でもホントそうだと思います。私も自分でライブ盤のマスタリングに携わってた時に、DVDの映像の編集に携わってた時は編集で流れる映像が目から入ってくるわけですけど、ライブ盤の音を聴いてた時には、やっぱり「あぁ、あのステージの時こんなこと考えてたな」とか、「こんなものを感じてたな」とかっていろんなことを考えたので、なんかそれぞれの楽しみ方があるんじゃないかなぁと思います

音のクオリティーも大分ちがうので、聴き比べてみていただいたりとか。


富澤「かなりいい音してますよね」

マスタリングしなおしてるので、ぜひ


夢の途中


富澤「いい声してますねぇ。相当練習大変でしょう?って言ったら練習しないって言ってたけど嘘でしょう?」

練習しないです。本当に。もちろん昔は練習しましたけど、今はもう大丈夫です。声って消耗品なので、いっぱい練習したりいっぱい使うとそれだけ枯れてしまったり・・


富澤「発声練習ぐらいはするんでしょ?」

うーん・・コンディションに合わせてですね。もう自分の体の楽器具合ってわかってるので、今日は少し声出した方がいいとか、今日はもう声出さない方がいいなとか、今日は水を飲んだほうがいいなとか、今日はコーヒー飲んだほうがいいなとか。わかりますね。


富澤「闇雲に練習してもしょうがないんだ」

そうです、そうです、闇雲に練習しても全然しょうがないです。下手な人は練習しなきゃいけないですし、私も昔は練習しましたけど、ある一定のクオリティに行ったら、練習を闇雲にするよりはイメトレのほうが大事。アスリートと一緒だと思います。基礎練習みたいなのある程度いったら、あとはイメージトレーニングのほうが大事だったりするじゃないですか。


富澤「ところでKOKIAは、今イギリスと日本を行ったり来たりなの?」

そうです、この1年はロンドンと東京の行ったり来たりの生活をしてました。


富澤「ロンドンでは何やってるんですか?」

昨年1年間は語学学校通ってたんですね。なので学生生活しながら、日本からオファーがある仕事をロンドンの家の方で制作したりとか、ファイルを送ったりとかしてたんですけど、以前からヨーロッパツアーとか海外の活動もしてたので、打ち合わせとかしてちょっと種まきをしたりとかはしてます。


富澤「語学はもうバッチリ?」

バッチリじゃないから語学学校行ってるんです(笑

耳が良いから、人より耳から入ってきて学習できる能力は高いようなんですけど、勉強が嫌いなのでなかなか困ったもんなんですよね。でも行ったり来たりしてるうちに、そのうち話せるようになる・・かな(笑

昔アイルランドでレコーディングしたこともありましたけど、ロンドンのレコーディングスタジオに最近ちょっと行ってレコーディングする機会があって、国が違えばやっぱり音も違うみたいなとこもあって

いろんな人と仕事するのとっても楽しいので、何かこう今のライフスタイルがこの先の私の作品作りにいろんなヒントをたくさんくれると思って、信じて、楽しみながらいろいろ学習してます。


富澤「今一番興味あることは何なんですか?」

今一番興味があることは・・・何なんだろう?ぼんやりすること。だからロンドンと東京を行ったり来たりしてるのかも(笑

15周年を去年の春に迎えて、やっぱり15周年振り返ったんですよね、たくさん。それで、この先の15年間のことを凄く考えたんです。で、いろんなことがこの15年間の中にあって、ちょうど年齢的なこともあって、人生の節目だなと私自身が思って、急がず焦らず、これからの生き方を一度考えたいなと思ったのでロンドンに行ったということもあるので、今まだそんなに焦って答えを出す必要はないなと思っていて

音楽活動をしながら、またシンガーソングライターなので、自分の考え方とか生き方が音楽や言葉に如実に表れるじゃないですか。だから自分が好きになれる自分を今は探している時期なのかなと思います。


KOKIAといえばライブ、ということで、春のコンサートのお知らせ


富澤「今回はどんな感じで?」

今回も凄くドッキリするような仕掛けを考えました。春のコンサートは私が1年間の中で一番準備に時間をかける楽しみコンサートなんです。去年はブランコを作ってもらうのがメインだったんですけれども、今年はあることがしたくてみなさんの想像を、『ハッ』と驚かせる演出を考えたので、楽しみに足を運んでください


富澤「宙を飛ぶのかな?」

宙は飛ばないです(笑

ライブ来たら、ぜったい『あぁ来てよかった』と思ってもらえるステージを目指して毎回想いを注ぎ込んでステージに立っているので、ぜひ会いに来てください。


something blue & something red


富澤「この曲はどういう曲ですか?」

心の中にsomething blue、何か青いもの、それは悲しみだったり寂しさだったり、そしてsomething red、それはあったかいものだったり怒りだったり、いろんなものがあるけれど、心のなかで合わさって紫色になっていくというような歌です

| MEDIA ★ RADIO・TV | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメミライ2014 「アルモニ」のテーマソングを

アニメミライ2014の「アルモニ」という作品のテーマソングをKOKIAちゃんが歌うみたいです。

アニメミライとは、2010年よりスタートした文化庁の若手アニメーター育成プロジェクトで、
その作品は劇場公開のほか、テレビ放送やネット配信等されるらしいです。

【アニメミライ】

3月から「アニメミライ2014」として、ウルトラスーパーピクチャーズの『アルモニ』、A-1 Picturesの『大きい1年生と小さな2年生』、シンエイ動画の『パロルのみらい島』、STUDIO4℃の『黒の栖 -クロノス-』が公開されるみたいで、その中の『アルモニ』という作品のテーマソングをKOKIAちゃんが歌うみたいですね。


MUSIC [テーマソング]作詞・作曲・編曲・サウンドプロデュース:トラボルタ/歌唱:KOKIA/劇伴音楽:石川智久/音楽プロデュース:山田公平(APRIGHTS)

歌唱ってことで、KOKIAちゃんは歌うだけみたいですが、
どんな感じなのか気になりますねー

上映劇場等、その他の情報はアニメミライのHPに載ってますので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。

っていうか、いつレコーディングしたんだろう・・・

| KOKIA Others | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KOKIA 晴れ豆ライブ「こんな味付けになりました!」

P1253025.jpg

KOKIA 「こんな味付けになりました! 」@晴れたら空に豆まいて
(1/25 昼の部、1/26 夜の部)

【セットリスト】
そよ風が草原をなでるように
昼下がりの時
so much love for you
たった1つの想い
I catch a cold(弾き語り with 瀬田くんピアニカ)
エリカ
愛の輪郭
0からの始まり
天使
tell tell 坊主
愛と平和と音楽と
アエテウレシイにゃん

ピアノ 瀬田創太


セットリストは2日とも同じです。

「愛と平和と音楽と」は、1日目に瀬田くんの聞き間違いで?歌うことになった曲だったので、
2日目はどうするのかなと思ってたんですが、2日目も普通にセットリストに入ってましたね


最近歌ってなかった曲、今まで歌ったことのない曲を、
今のKOKIA風にアレンジして歌ってみよう、というコンセプトでのライブ。

どんな曲が聴けるのか楽しみだったのですが、
想像以上にバラエティに富んだセットリストだったんじゃないでしょうか~?

ちなみに1番意外だったというか、「そこ行くのか!」と思ったのが
「愛の輪郭」で、次が「たった1つの想い」ですかね。

「0からの始まり」は好きな曲だったので、これが聴けて1番嬉しかったです。

あと、「愛の輪郭」「エリカ」「たった1つの想い」が良かったなー。

この前のブログで「聴きたいなぁ~」と書いた「光の中に」は、
リハーサルではやったみたいですが、なかなかいい感じにならなかったらしく…。

次回があれば歌ってくれるかもしれませんねー

っていうか歌ってください

次回といえば

この会場、ステージとの距離も近くて、KOKIAちゃん自身との距離感も近くて
雰囲気もとっても良い会場なのですが

ギュウギュウに詰めた圧迫感と、ちっちゃな椅子があんまり好きじゃなくてですね

できたら違う会場がいいなぁ・・・ボソボソ


ということで、曲の解説・エピソード満載、瀬田くんとの漫才も満載?だったライブですので
出来る限りトークレポも交えながら書いていきたいと思います。

トークのあのゆるさから一瞬で歌モードKOKIAに変わる感じ、凄いですよねぇ。


1曲目はアルバム「songbird」から「そよ風が草原をなでるように」

この曲はアルバムに収録するときに、
「ちょっと展開が欲しい」と言われて、Dメロを追加したんだそうです。

(あなたは一人じゃない いつでも二人一緒~・・・♪って部分ですね)

今日はDメロ無しの、もともとのバージョンで歌ってくれました。


「昼下がりの時」は、庭のある家に住んでいた時に、買っていた犬が鼻をひくひくさせて
春を感じていた場面を見て作った曲だそうです。


「so much love for you」は、ここ数年リクエストが多かった曲だそうです。

今日はボサノババージョンということと、
35を過ぎるとできない(?)ということでダンスは無し。

ちょっと落ち着いた感じの「so much love for you」、凄く良かったです。

この曲についてはPVの話を

新宿の高層ビルで撮る予定だったけど、強風のためブルーバックで撮ることになったんだけど
強行スケジュールのために、後ろで踊ってる右側のウサギちゃんが疲れて眠くて、
機嫌が悪くて大変だったそうです^^;


KOKIAちゃんが「今日歌う中で1番意外と思う」と言って歌った「たった1つの想い」

「ガンスリンガー・ガール」のテーマ曲
KOKIAちゃんの曲の中で1番アップテンポの曲だそうです。

ピアノアレンジの「たった1つの想い」、めっちゃカッコよかったです


瀬田くんと場所をチェンジして、弾き語りで歌った「I catch a cold」は
デビューしたばっかりの頃、弾き語りでよく歌っていた曲

「その頃を知ってる人~?」と2日とも聞いてましたけど、2日ともいなかったですね^^;


そして、「エリカ」はエリカちゃんの人物紹介をしてから歌ってくれました。

エリカちゃんは身長159cmのKOKIAちゃんが見上げるぐらい背が高くて、
だけどほわ~んとしてる人なんだそうです。

全く趣味はあわなくて、映画を観るにしてもKOKIAちゃんは洋画が好きだけど
エリカちゃんは「名探偵コナン観に行こう」と誘ってくるアニメ好き

だけど、とっても仲が良かったそうです。


「愛の輪郭」は、ガンダムの富野由悠季さんが手がけてたwowowで放送された
「ブレンパワード」のテーマ曲。

KOKIAちゃんがデビューする前にアルバイトでレコーディングした曲で、
曲を作った菅野よう子さんと富野さんとの初顔合わせの時のエピソードを話してくれました。

忘年会で酔っ払ってる時に電話がかかってきて、「ちょっと歌ってみてくれる?」ということで
急遽スタジオに行くことになったKOKIAちゃん

行くと菅野さんと富野さんが待っていて、酔って陽気な自分のテンションと
周りの雰囲気が違うことに気づき

自動販売機でポカリスエットを2本買って、トイレで一気飲みして酔いを覚ましたとか。

この曲でもらったお金は、当時バイトしていたクリーニング屋を
「これでやめられる!」と辞めちゃったぐらい、当時にしては多かったみたいです

ピアノだけで、こんなに迫力ある曲になるんだーって思うぐらいカッコよかったです。


「0からの始まり」は、凄く調子が悪い時にレコーディングした曲。

声は全然出なかったけど、歌詞とリンクして自分の気持ちが入り込んで、
凄く良い感じに録れたんだそうです。


そして、最近はあんまり歌ってなかった「天使」


「tell tell 坊主」は、何年か前に昔の曲をピアノアレンジで歌ったことがあった時に歌った曲で
それが今日のこの企画のきっかけになったんだそうです。

「心ばかり」のリリース記念イベントですかね。


ここでKOKIAちゃんが瀬田くんに耳打ち

聞き間違えた瀬田くんは「愛と平和と音楽と」のイントロを引き始めたのですが
歌う予定じゃなかった曲らしく

KOKIAちゃんの「聴きたい~?」にお客さんが「聴きたいー」と答えて
歌ってくれることになりました。


最後は「アエテウレシイにゃん」

ドラゴンネストのキャラ「猫コックニャンニャン」の声優をしているKOKIAちゃんが
そのキャラで作った曲。

ニャンニャンの声で話をしてる・・・のかなんなのか
どんどんキャラから離れていって、2日目は「Gu-Guガンモ」のモノマネもしてました(笑

瀬田くんは「Gu-Guガンモ」知らなかったですね

テレビで放送されてたの、1984年ですってよ。

瀬田くんが生まれた年ですね。そりゃ知らないですね。


瀬田くんといえば!

昔はバスケットやってて、とってもマッチョだったそうです。

KOKIAちゃんをはじめ、みんなあまり信じてなかったですが
そのうち瀬田くんのブログで写真をアップしてくれるとか・・・!?



ライブDVDが全て再販になったそうで、会場で売られていました。

コキア印での通販も始まっています。

| LIVE REPORT | 16:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「KOKIA 2014 Spring concert ~Release~」一般発売日です

本日25日から、KOKIAちゃんの春のコンサートのチケット一般発売が始まります。

まだ先行販売等で購入されてない方はお忘れなく~。


そして、今日、明日と代官山の“晴れたら空に豆まいて”でライブですねー。

今まで歌ったこと無い曲ばっかりを歌うらしいですので、
どんな曲が聴けるのか楽しみです。

個人的には「光の中に」とか「光をあつめて」が聴きたいなぁ~。



KOKIA 2014 Spring concert ~Release~

【日時】
2014年5月17日(土) 17:30開場/18:30開演
2014年5月18日(日) 16:00開場/17:00開演
【会場】
東京国際フォーラムホールC
【料金】
全席指定¥6,800(税込) ※未就学児入場不可
【一般発売】
2014年1月25日(土)
チケットぴあ(Pコード:218-608 )
ローソンチケット(Lコード:74113 )
イープラス
CNプレイガイド
サンライズオンライン
【お問い合わせ】
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

| INFORMATION | 03:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Yuri Hiranuma Figure Skating Music Compilation “PRISM”

P1223022.jpg

本日1月22日、平沼有梨さんのアルバム「PRISM」がリリースになりました。

すでに配信の方は始まっていたみたいなので、もう聴かれた方も多いと思いますけど。


KOKIAちゃんは「花になれ」という曲を、英語バージョンで歌ってます。

凄く良いですねぇ

自ら訳詞して、ロンドンでレコーディングしたんだそうです。

羽生結弦選手がエキシビジョンで使用した曲らしいですが、
KOKIAちゃんの歌う英語バージョンで滑る姿も見てみたいです


【Yuri Hiranuma Figure Skating Music Compilation “PRISM”】

ここに詳しく、ダウンロードできるところや購入できるお店が載ってます。



Yuri Hiranuma Figure Skating Music Compilation
“PRISM”
(LLCD-1105 税抜3,000円)
 
[収録曲]
01. eye
02. エルタンゴ・ド・ロクサーヌ
03. 愛の讃歌
04. 花になれ
05. 踊るリッツの夜/ハーレム・ノクターン
06. An American Hymn
07. Papa Can You Hear Me
08. 序奏とロンド・カプリチオーソ
09. ウィリアム・テル序曲
10. My Way
11. ノクターン第2番

| CD・DVD | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KOKIA New Year Concert 2014

P1102971.jpg

KOKIA New Year Concert 2014~musical greetings vol.3~

(1/10、1/11 1st stage、2nd stage 全てセットリストは同じです)

【セットリスト】
Birth
次会う時は
te a te
愛と平和と音楽と
戦火の花
愛はこだまする(弾き語り)
moment~今を生きる~
Faraway
あたたかい場所
世界の終わりに
sigh
INFINITY
傘を貸してあげて

ピアノ 瀬田創太
ギター 松尾和博
ベース 斉藤光隆
パーカッション 山本恭久


凄く良いコンサートでした

2014年初めてのコンサート

あたたかくて、そして力強いKOKIAちゃんの歌声に
今年はきっと良い年になる!って思えるような、そんな素敵なコンサートでした


去年の9月にファンクラブイベント、隠れ家コンサートはあったものの、
こうしてステージに立って歌うKOKIAちゃんを見るのは本当に久しぶり。

でも1曲目を歌い出した瞬間に、懐かしいような、ほっと安心するような、
なんだか不思議な感覚になりました。

KOKIAちゃんの声の調子も凄く良さそうでしたし、ホールの響きも凄く良かったです^^

みんなで「I love you~♪」と愛をこだまさせた後の「moment」から後半になるにつれて、
KOKIAちゃんの歌にどんどん力強さが加わって行ってたような気がします。

あと、久しぶりに「sigh」を聴けたのも嬉しかったです。

最後に歌ったのは一昨年の吉祥寺だったので、
KOKIAちゃんが言うほど久しぶりな感じはしなかったですけど^^;

でもこういう、たまにセットリストに入る曲は、その時々で選ばれた意味、
込められた想いをより強く感じることができるような気がするんですよね。




MCでは、平沼有梨さんのアルバムにロンドンでレコーディングした曲で参加している話や
2月に出る初のライブCDの話などをしてました。

平沼さんのアルバムの件については、これからブログに詳細を書いてくれるらしいです。

ライブCDは、キャッチコピーの話をしてましたが、とっさに出てこなくて
毎回ぐだぐだになってましたね(笑

「それはまるで、耳で観るコンサート」

が正解ですね

P1132980.jpg

あ、ちなみに私が参加したのは10日と11日の夜公演の2つです


久しぶりにお会いした方も、お会いできなかった方も
2014年が皆様にとって
そして誰よりもKOKIAちゃんにとって
素敵な1年になりますように。


今年もよろしくお願いします

| LIVE REPORT | 00:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。